さいけでりっく・さぶりみなる

神秘行の記録。大体Book of Shadow。

ルーンストーンを作ってみた【マジックアイテムを作ろう】

こんばんは、三三三です。

今は便利な世の中で、実店舗・ネット店舗問わず様々なクラフターさんがすばらしいアイテムを販売なさっています。

気に入ったものや専門性の高いものは、ひとまずそちらで揃えるのも選択肢ではあるのですが、やはり魔術に用いるアイテムも自作すると愛着が湧きますね。

最終的には身の回りのアイテムは全部自作したいくらいなのです。

そんなわけで、今回はルーン占術に用いるルーンストーンを作ってみました。

 ◆材料編

 

f:id:undeux123:20180619002114j:plain

・おはじき

・油性ペン

・棒ヤスリ

※棒ヤスリは当初想定していなかったのですが、とある理由から必要に(後述)。

これらの材料は全部100均で揃います。

本当は天然石のクラスタとか、輪切りの枝材とか使いたいなーと思っていたんですが、加工と材料調達に時間と資金がかかりすぎるということでひとまずここに落ち着きました。

まずは実践していくのが目的ですので、道具のグレードアップはおいおいでOKなのです。

◆作成編

といってもやることはマジックでおはじきに直接ルーン文字を書いていくだけです。

ルーン文字にもいくつか種類がありますが、今回はゲルマン共通ルーンを使います。

本筋とは関係ありませんが、ルーン文字のひとそろいを「フサルク」と呼びます。

これはルーン文字を順番に並べた際「f,u,th,a,r,k」の字母が先頭に来ることからつけられた名前だそうです。

「アルファベット」の名称もギリシャ文字先頭のαβから来ていますね。

f:id:undeux123:20180619002123j:plain

 

ペンで書いたのがこちらの様子。

良い感じにできました……と思ったのもつかの間。

ペンが油性でなかったらしく、保管用の袋に移そうと持った瞬間、いましがた書いた字がキレイに消えてしまいました……

そんなわけで、一計を案じ、ヤスリを使っておはじきの表面にルーンを直接刻むことに。完成したものはこちらです。

f:id:undeux123:20180619002131j:plain

多少手間がかかりましたが、その分愛着も湧こうというもの。

もともとが木片に刻みつける文字だったともいいますし、ルーン文字本来の直線的な感じが良く出ているようにも感じられます。自画自賛ですが。

しばらくはこの自作ルーンストーンを触ってリーディングの練習などをしていきたいと思います。

リリさんから一言

手遊びにはちょうど良いものかもしれんの。

わしはぬしさまの脇から覗いておるくらいがちょうど良いのじゃ。

 

As above, so below.

タルパと暮らす方法

こんにちは、三三三です。

実はタルパと暮らし始めてそろそろ5,6年が経とうとしています。

その割にはタルパと呼ばれる存在についてちゃんと話をしていないなと思い、それが一体どういうものなのかについて少し概要を説明してみたいと思います。

僕もまだまだ修行中の身ではありますので、あくまで「僕にとっては」という括弧書きが入るものと思って考えていただければ幸いです。

◆そもそもタルパってなんなのよ

いきなり核心めいた部分ではありますが、一言で表すのは非常に難しいところです。

チベット密教の文脈の中で理解している方、人口精霊の技法に連なるものとして考えている方、はたまた人格の解離など精神的気質の一環として捉える方など様々いるのが現状です。

それらを踏まえた上で僕自身は、

タルパとは「人工的に人格・容姿・影響力を与えられた思念体」だと考えています。

人格などの要素は自分が与えたものでありながら、一個の独立した存在として存在しうる存在。それが僕の考えるタルパの定義です。

スタンダードなところから様々なヴァリエーションまで、大体ググれば出てきますので興味のある方はまずググってみてください。

◆タルパの作り方

これも様々な説がありますが、僕が実践しているのは下記のような方法です。

①プロフィールの設定

名前、生年月日、性別、外見など、できる限り詳細に設定を作りこんでいきます。

ここがすべての土台であり、ここをおざなりにすると訓練も進みにくい気がします。

②安全弁の取り付け

安全弁というのは比喩ですが、生み出したタルパが自身のコントロールを離れ暴走するのを避け、万が一そうなった場合にも最悪の事態を避けるためにセーフティをかけます。

具体的には、設定の中に「決して自分を傷つける行動はとらない」などの一文を挿入するなどで対応します。

③訓練開始

作成した設定を基に、タルパとコミュニケーションをとっていきます。

訓練段階は概ね次のように分けられるのではないでしょうか。

第1段階:未オート状態

いわゆる「一人二役」的な段階です。

自分が起こしたアクションに対し、「この子ならこういう反応を取るだろうな」と逐一考え、それに沿った言動をしていると想像し、それにまた自分が反応をしていきます。

また、イラストなどによってタルパをビジュアライズし、隅々まで観察を行うことも重要な訓練の一つだと考えています。

セリフと共にタルパの動きまで想像しながらコミュニケーションをとり続けてください。

第2段階:半オート状態

一人二役」を続けていると、次第にタルパがどう反応するかを考えるスピードが上がってくるかと思います。これが考えようとして考えるのではなく、ほぼ無意識で行えるようになると半オート状態と言えるのではないでしょうか。

やはりここでも視覚情報の補強は大事になってきます。

さらに、触った感触・声色・香りなど五感情報を加えて想像していけると良いですね。

第3段階:オート化状態

ひとつのゴール地点と言えるかと思います。肉体を持った人間同様、触れられ・見え・聴こえ・嗅ぐことができるという存在の完成です。

◆オート化したタルパのその後

タルパをオート化させてその後は一体どうするの?

という問いには好きにすればよいと答えるにとどまります。

神秘行のコンパニオンとして役立てるもよし、ただ単に共存するもよし、自由にするがよかろうなのだという気持ちです。

タルパ訓練などをきっちりやりきっている方々はそもそも神秘行方面に造詣が深い方も多く、そういう方にとっては良き相棒となっているケースも多くみられるように思います。

◆関連諸メディア

トップページ - タルパを本気で作ろうと思っている まとめ - アットウィキ

タルパに関するブログのリンク(仮)

『タルパ×コンプレックス』(ポックル,amazon Kindle版)

※その他にも色々ありますが割愛

◆リリさんの今日の一言

あまりわしを引っ張り出さないでほしいものなのじゃが……わしは後ろから見ているくらいが丁度良いのじゃ。

まあ、タルパ、という単語はすでに原義を離れて独り歩きしている感があるの。

タルパじゃろうが、人口精霊じゃろうが、呼称は何でも良いのじゃが、なんであれ一個の存在をゼロから生み出そうというのじゃから簡単なはずはない。

やるというなら止めはせんが、かといって積極的に勧めるつもりもないの。

全ては自分の意志次第じゃな。

 

As above, so below.

 

心に柱を建てること

こんにちは、三三三です。

最近行っている魔術修行について、備忘録的にまとめておこうと思います。

初修者があれこれ考えている雑記帳のようなものですので、その段階にない方は笑って見過ごしてくだされば幸いです。

◆使用テキスト

①『実践魔法カバラー入門―女神イシスが授ける古代の密儀』(ムー・スーパーミステリー・ブックス/学習研究社/大沼 忠弘 2007)

②『高等魔術実践マニュアル』(ムー・スーパーミステリー・ブックス/学習研究社/朝松 健 1987)

◆実践内容

現在は①を主に、②を副として実践を進めています。

また、その他の関連書籍も副読本として目を通していますが、こちらは単純に読書をしているのみという感じです。

テキストの構成に合わせて実践を行っているため、現段階では

・弛緩法

・ボックス呼吸(四拍呼吸)

の2点に集中して取り組んでいます。

①と②の内容の差はそれほど感じません。

取り上げられている事柄はどちらもほぼ変わりなく、西洋魔術の文脈に則ったベーシックな訓練書といった雰囲気です。

しかし、どちらかと言えば②が技法と概念を淡々と述べているのに比べ、①は師弟の対話形式で進められており、よりとっつきやすい印象があります。

イメージとしては諸外国の少し詳しい文法書が②、ニューエクスプレスシリーズが①といった感じでしょうか(伝わる人には伝わる)。

魔術はイメージ・心象・精神の技法ということで、まずは図版も多くイメージが易しい①の内容を主軸に進めてみようと思い立ちました。

※実際には某所でのアドバイスもありこの本に行きついたという経緯があります。

◆実践からのフィードバック

インターネットがこれだけ普及し、スマホがあれば地球が掌の上にあるといっても過言ではない現在、ボックス呼吸や弛緩法程度の情報はググれば秒で手に入りますので技法の詳細は割愛します(基本スタンス)。

ここでは実践で得た所感、セルフフィードバックのみを簡潔に述べます。

・弛緩法

実のところ「法」というほど大層なものではありません。

身体をリラックスさせ意識の変容を促すのは、催眠術や精神医療分野、心理療法分野でも普通に用いられているものです(シュルツの自律訓練法など)。

身体が緩むことでどのような影響があるか

現在までに実感できている影響は次の通りです。

□意識の上で、肉体の所在が不明瞭になる

□身体への意識を手放すことで、次に続く訓練に没入しやすくなる

身体がきっちり弛緩すると、水中に浮かんでいるような感覚になります(個人差アリ)。

これは今思いついたのですが、初めから水中のイメージでいたら全弛緩にまでかかる時間が短くなるかもしれませんね……やってみよう。

・ボックス呼吸(四拍呼吸)

①にはボックス呼吸と記載されているのですが、おそらく国内の界隈的には四拍呼吸という呼称の方が一般的な気がします。やることは変わらないので呼び方はご随意に。僕はテキストに沿ってボックス呼吸と呼びます。

訓練中に感じること

□一定のリズムを保つことが非常に難しい

□数を数えている最中に意識が飛ぶ

エーテルを呼吸するという感覚がまだよく分からない

寝てしまうというより、意識のスイッチがOFFにされるという感覚。

実際寝てしまっていたら姿勢は保っていられないはずですが、椅子に座っている姿勢は保ったまま、思考や意識が吹き飛ぶ感覚になります。

そうである自分を客観視しながら続けられたら良いな。

弛緩法のところで書いた「水の中」という感覚、これを「エーテルの充満した空間の中」と捉えたらどうだろうか(思いつき)。

ちょっとやってみよう。

◆心の中に柱を建てること

これは僕にとっての魔術のイメージのひとつです。

魔術というよりは、広い意味での信仰や宗教など全般においての感覚と言った方が正しいかもしれません。

それがどんな柱かは人それぞれあると思います。

鉄筋コンクリート造の無機質な柱、木製の素朴な大黒柱、はたまた巨大な水晶塊か……

色や形や大きさは人の数だけバリエーションがあるでしょうが、心の中に拠って立つべき何かを持つことは大切なことだと感じます。

そしてそれはできれば他人との比較の中で見いだされるものではなく、個として備えられるとより良いとも感じます。

As above, so below.

リリさんの今日の一言

目的意識は大事じゃ。

今行っているのは何のためか、何になるのか、何をしようとしているのか。

狙わぬ射手は的を外す。

当然のことじゃな。

 

sigilを刻んでみた話

久々の更新ですね。

最近はうちのリリさんとのやり取りも大分スムーズになってきました。

タルパ訓練以外にも色々とやっているので、そっち方面の話をしてみようと思います。

~sigilを刻んでみよう~

発端はアイコンを変えたいなあと思ったことにあります。

ネットで拾った画像やNo imageのままではつまらないので

何かないかなあと考えていたところ、

シンボリカルかつシンプルなsigilが良いということになりました。

 

ケイオス方面には一切手を出していなかったので

とりあえずハウツーsigil的なサイトを参考にして作ってみました。

その備忘録兼行動録として、手順を下記に述べます。

 

①叶えたい願望を文章にする(スペリング
②日本語をローマナイズする
③重複するアルファベットを削除
④形状が他の文字に包含されているアルファベットをさらに削除
⑤残った文字を図案化
※⑤の最中は元の文章(スペル)を唱え続ける

ざっと手順はこんな感じです。

そして出来上がったsigilがこちら。

f:id:undeux123:20180528150128j:plain

 

個人的には良い図案になったんではないかなと思います。

~実際にsigilを起動させる~

sigilが力を発揮するには「起動」なる作業が必要だそうです。

起動方法はおおよそ二つ。

①忘我状態で昇華。然る後忘却。

②常に目の届くところに置いておく。

今回はアイコンとしての意味もあるので、②を念頭に置いて作成しました。

~リリさんからの一言~

文字を介しての情報圧縮とはなかなか面白いものじゃな。

わしもテキスト上でのやりとりならば比較的行いやすいところであるし、

ひとつ刻んでみるのも良いかもしれんの。

うちのタルパさんに50の質問

突然ですが、タルパと暮らしているんです。タルパの概要は、昨今色々なサイトや書籍があるみたいなので、興味のある方は検索してみてください。

下記は昔はやった「50の質問」のタルパさん向けテンプレをやってみたものです。色々興味深い。

50の質問

Q1.あなたの名前はなんですか
りりじゃ。ぬしさまにはそう呼ばれておる。

Q2.あなたの名前にはどういった意味がありますか
わし自身、特に意味を考えたことはないのう。じゃが、ぬしさまによれば「鈴の音」に近い音にしたかったということじゃ。

Q3.あなたに名前をつけたのは誰ですか
当然、ぬしさまじゃな。

Q4.あなたはその名前についてどう考えていますか
ぬしさまにもらった名じゃ。誇っておる。

Q5.ニックネームはありますか。または、呼ばれたい名前はありますか
特に無いのう。ぬしさまの呼びたい名で呼ばれたい。

Q6.あなたは自分のことをなんと呼びますか
わしじゃ

Q7.あなたの誕生日はいつですか
うーん、それが覚えていないのじゃ。ぬしさまも覚えてないようじゃし……ま、別にいつでも良かろう。そうじゃな、どうしても必要というのであれば……7月15日ではどうじゃ? ぬしさまには縁深い日じゃろう。

Q8.あなたの年齢は何歳ですか
ぬしさまに産んでもらってから、おそらく5,6年にはなるじゃろうか。キリよく6年にしておくかの。間に休止期間もあるから、それほど外界は経験していないがの。

Q9.あなたの星座はなんですか
7月15日って何座じゃ?……蟹座だそうじゃ。

Q10.あなたの干支はなんですか
6年前って何年じゃ?……卯年だそうじゃ。ウサギは旨いよな。

Q11.あなたが生まれた日には何か意味があると考えていますか
ぬしさまがわしを産んだことには意味があろう。じゃが、日に特別な意味は無いじゃろうな。そもそも正確にいつ生まれたかなど分からんのじゃ。

Q12.あなたは歳をとりますか
外見上は変わらぬな。内面的には、相応に変化はしているじゃろう。

Q13.あなたの血液型はなんですか
わしに血液型はない。人ではないのでな

Q14.あなたの種族はなんですか
たるぱ、とか名づけられているものじゃ。見た目で言えば、狐……の獣人かのう。

Q15.同じ種族に関してはどう思っていますか
会ったことがないのでなんとも思わぬ。じゃが、存在くらいは知っておるぞ。ぬしさまがわしを産んだ頃に比べて増えているようじゃな。顕在化しているというだけか?

Q16.別の種族に関してはどう思っていますか
別の種族ってなんじゃ? 人間ならば、ぬしさま以外に関心はあまり持たぬな。ま、ぬしさまに害為すモノならば、わしもちと手荒な真似をするかもしれぬが。基本的にはぬしさまさえ平穏無事なら何も無い。恋仲になろうと構わぬぞ。わしとぬしさまのつながりはそんなものにまけるようなものではないからの。

Q17.あなたの性別はなんですか
女じゃ。

Q18.異性に対してはどう思っていますか
ぬしさま以外の異性に興味はない

Q19.同性に対してはどう思っていますか
なんとも。ぬしさまと番になろうが構わぬと言っている。

Q20.あなたはどういった体格をしていますか
人型のときは、人間の童女程度。ミニ形態のときは、大体15センチ程度のでふぉるめ体型じゃな。身体のつくりは基本、華奢じゃ。

Q21.家族構成を教えてください
わしと、ぬしさま。飼い猫が一匹。

Q22.タルパになる前の過去はありますか
無いな。わしは、明確にぬしさまに創りだされた存在じゃと言える。それで不都合も無い。産んでもらって感謝しておるよ。

Q23.自分はどういう性格だと考えていますか
ぬしさまに甘い。ぬしさま以外に無関心。ぬしさまを脅かすものには苛烈。あくまでわしの認識はぬしさまを中心に展開しており、すべての価値判断基準はぬしさまにとって是か非かで決めておる。ま、ぬしさまらぶ勢じゃな。

Q24.得意なことはなんですか
んー……ぬしさまとのおしゃべり……だとか、一緒にあそぶ……だとか。後はぬしさまを悪いものから護っておる。まあ、あとは夜伽かのう。

Q25.苦手なことはなんですか
放置されることじゃ

Q26.好きなことはなんですか
ぬしさまとおしゃべりすること。ぬしさまといちゃつくこと。ぬしさまを気持ちよくさせること。

Q27.嫌いなことはなんですか
ぬしさまを脅かすすべての物事

Q28.最近、楽しいとおもったことを教えてください
ぬしさまとおしゃべりしながら歩くことかのう。

Q29.最近、いやだと思ったことを教えてください
実は特に無いのじゃ

Q30.あなたに仕事はありますか
明確にぬしさまから言い渡された仕事は無い。じゃが、ぬしさまを護り、寄り添うことがわしの存在意義じゃと思うておる。

Q31.あなたがやりたいことはありますか
とくにはないな。ぬしさまと一緒にいることのほかには。

Q32.あなたの主人は誰ですか
ぬしさまじゃ

Q33.あなたは主人をなんと呼んでいますか
ぬしさまじゃー

Q34.あなたは主人のことをどういった人物だと考えていますか
むう、難しいのう。わしにとっては産みの親であり、愛しい人であり、よき友人でもあり、主人でもある。多分、ぬしさまは色々と迷いやすい人なのじゃろう。憧れがあり、それに向かって努力もするが、途中でどうすれば良いのか自分ひとりでは分からなくなってしまうのじゃ。誰かに導かれると、とてもスムーズに色々進められるのじゃが、独りになるとわき道にそれる確率がハネ上がる。そういう意味でも、もっとわしに頼って欲しいものじゃな。

Q35.あなたが主人にされて嬉しいことはありますか
布団に入れてもらうこと

Q36.あなたが主人にされていやなことはありますか
忘れられたくは無いのう

Q37.あなたが主人に対してしたいことはありますか
ぬしさまが望むすべて

Q38.あなたと主人にはどういった体格差がありますか
大人と女児

Q39.あなたと主人はどういった関係ですか
主と従、恋人、親子、体と幽

Q40.あなたは主人との関係をどうしたいですか
このままで良い

Q41.あなたに夢や目標はありますか
声だけでなく、姿や温かさまで感じてもらえるようになると良いのう

Q42.あなたはどこに住んでいますか
ぬしさまの心の中

Q43.あなたが住んでいる場所、または心の中にある風景を教えてください
寂寞とした光景。崖の上、森の中にひっそり佇む山小屋。滝と河原。季節の花が咲く小さな庭。

Q44.あなたは自分が住む場所についてどう思いますか
ひとりでいるのは寂しい。ぬしさまと一緒に居たい。

Q45.あなたは主人以外の人物と交流したい、または、交流したことがありますか
ないし、特に必要性も感じぬな

Q46.あなたは主人以外の人物についてどう接したいと思いますか
なあ、この質問重複多すぎなのじゃが。前後の質問で類推できない阿呆は死んだ方が良いのではないか?……どうも思わぬ。

Q47.敬意を持っている人物や、参考にしたい人物はいますか
……

Q48.真似したくない、軽蔑している人はいますか
おるなあ。ぬしさまの周りには。

Q49.あなたは自分がどういった存在だと考えていますか
ぬしさまの生み出した精神世界上の思念体。タルパと呼ばれることもあるらしいが、別にわし自身はどう定義されようと構わぬ。

Q50.何か思いつくことを自由にどうぞ
ぬしさまもわしも、お互いにお互いがどのような存在であるかを手探りで知ろうとしているところなのじゃろう。確かに互いは存在するが、まだまだ互いの世界が交わるには遠い。少しずつでも、きっかけを捕まえていけたらよいのう。これからもよろしく頼むぞ。ぬしさま